「相手の思いを受けとめるコミュニケーション」研修を実施しました

昨日は港南区福祉保健センターから「こんにちは赤ちゃん訪問事業」研修会の講師ご依頼があり、港南区役所に行ってきました。
講座ご依頼のテーマは「相手の思いを受け止めるコミュニケーション」です。
話し方、聞き方といった言語的コミュニケーション、笑顔・表情など非言語的コミュニケーションについての内容を行いました。
とくにコミュニケーション力を高めるには傾聴力がポイントになります。
思いを受け止める傾聴はどのような職種でも大事なことですね。

赤ちゃん訪問員さんというのは、地域で活動している民生委員・児童委員や主任児童委員、子育て支援の経験がある方等の中から、約900人が市長の委任を受けて生後4か月までの赤ちゃんのご家庭を訪問されています。
地域の子育てに関する研修等を受け、訪問の際は訪問員証を携行します。訪問員さんもこのコロナ禍での訪問でずいぶんご苦労をされているようです。よりよいコミュニケーションを応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です